開業医の先生方へ

For Doctors

歯科恐怖症に特化した歯科医院専門のパートナーとして患者さんと主治医の橋渡しになります!

治療方法や技術、医療器具はどんどん発展している現代の歯科医療ですが、
日本には20人に1人くらいの歯科恐怖症と呼ばれる、歯医者が怖い、苦手、行けないといった方々がいます。

本来予防できたかもしれない虫歯、本来そんなに頻繁に通院する必要がなかったかもしれない患者さんなど

「嫌だから行きたくない」というちょっとした歯科恐怖症が原因で
歯を悪くして痛みが出たり、結果として、余計な時間や出費がかかっているのが現状です。

そこで、我々は、歯科恐怖症の患者さんの歯科難民をなくし、歯科恐怖症の患者さんでも診療できるという歯科医院の“圧倒的優位性“をつくるため、以下の3つの活動をはじめました。

歯科恐怖症の勉強会(オドントフォビア研究会)

一般社団法人歯科恐怖症学会の中の歯科恐怖症患者の歯科治療についての勉強会コミュニティです。

歯科恐怖症は幼少期の歯科治療時のトラウマが原因の一つとされていますが、 それだけでなく歯科業界が抱える問題にも要因があると考えています。

それは、歯科恐怖症患者の適切な対応方法を知らないという知識・経験の欠如、
そして、開業医で働く歯科麻酔医の人員不足があげられます。

しかし、歯科恐怖症患者の歯科治療について専門的に相談したり、勉強したりできる場がありませんでした。さらにコロナ禍によって、歯科医師同士の横の繋がりはさらに希薄になっているようにも思います。

これらの歯科業界の問題を解決すべく歯科恐怖症学会を設立し認定医制度を制定。また、その中に「オドントフォビア研究会」を立ち上げ、歯科恐怖症患者の歯科治療についての勉強会をオンライン(zoom)を通じて実施しています。

静脈内鎮静法の出張麻酔

「全国」どこでも「負担の少ない手頃な金額で」で「静脈内鎮静法」の「出張麻酔」を実施しています。

従来、出張麻酔というと保険外治療やインプラント手術の時に依頼するものだ、というイメージが浸透しており、歯科恐怖症の患者さんをスムーズに治療するために出張麻酔を依頼するというイメージはなかったと思います。

その常識から多くの歯科医が治療困難な歯科恐怖症の患者さんには治療を断念するか、大学病院へ静脈内鎮静法依頼での紹介をしていたと思いますが、現在、大学病院では歯科恐怖症の患者さんが非常に多く来院されており、診療混雑を生み出し、治療開始まで数ヶ月かかったり、本来、本当に、大学病院が診療すべき患者さんが診療できないという悪循環を生み出しています。

開業医が歯科恐怖症の患者さんを治療できないでいると、
そういった悪循環が本来評価されるべき歯医者さんの沽券を下げるキッカケにも繋がり、患者さんと歯医者さんの関係も悪循環の道を辿る一方でした。

そこで、我々は、マリコ歯科クリニックにも、近くの大学病院にも通院できない歯科恐怖症患者の静脈内鎮静法による歯科治療を、身近なかかりつけ歯科医院でも行えるような歯科麻酔医の出張麻酔プランをご用意しました。

口腔内スキャナーの出張貸出し、セラミック技工製作(嘔吐反射レスキューラボ

『嘔吐反射があって印象が取れない。』そんな経験がある先生方は少なくないと思います。嘔吐反射があるために、歯科恐怖症になる患者さんも多数いらっしゃいます。我々、嘔吐反射レスキューラボという嘔吐反射のある患者さんへのデジタルに特化した歯科技工所も運営しており、型取り不用の口腔内スキャナーを全国の歯科医院に出張貸出ししています。

なぜこのような活動をするのか?

先述したように、マリコ歯科クリニックには、毎日、多くの歯科恐怖症の患者さんが東京都内からだけでなく、千葉や神奈川、茨城など遠方から来院されています。

たくさんの患者さんからの切実な相談を毎日、毎日、受けています。初診時に涙される方も少なくありません。来院された方にはできる限りの手をつくして歯科治療ができるようにお手伝いしております。

しかし、当院に通えない、遠方の歯科恐怖症の患者さんがたくさんいるのも事実です。高額な保険外診療による静脈内鎮静法を頻回に受けることができない患者さんもいます。

治療が怖い、歯が抜けない、抜髄ができない、麻酔が効かない、嘔吐反射がある、トラウマがある等歯科恐怖症で歯科治療ができなくなった理由は様々です。
そんな中、保険診療で静脈内鎮静法を行っている開業歯科医院は日本にはほとんど存在せず、高額な治療費を払えない歯科恐怖症患者さんは治療を諦めるか、大学病院へ行くしか選択肢がありません。

大学病院が近くになかったり、大学病院だと歯の痛みがあっても、予約が混み合っていて、すぐに治療開始ができないことが多々あります。

現在、全国には、歯科恐怖症の患者さんは500万人いるとも言われています。
その患者さんたちを何とか救えないか?歯科恐怖症の方の歯科難民をなくせないか?私たちは真剣に考え続け、このような活動をはじめました。

具体的な活動と料金

オドントフォビア研究会(一般社団法人 歯科恐怖症学会)
参加費無料
詳しくはこちら
保険診療による静脈内鎮静法出張
6,600円(医院負担ゼロ)/ 1 件(※保険外診療での出張麻酔の場合 33,000円~/1件)
口腔内スキャナーの出張貸出し、e-max補綴製作
19000円
歯科恐怖症患者への歯科治療についての院内勉強会
44,000円 / 90分
注意事項

注意事項

  • ※すべて交通費込み
  • ※「口腔内スキャナーの貸出し」の活動は2021年5月からリリース予定です。

出張依頼・相談は、
お電話 090-4272-1979
メール korikan55@yahoo.co.jp (件名を 出張相談 としてください)
LINE korikan55
までお願いします。

マリコ歯科クリニック
代々木駅
徒歩 1

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-2 藤原建設ビル2F

診療時間
09:30 ~ 13:00
14:30 ~ 19:00
  • ☆ 早朝診療 07:30 ~ 09:30
  • ◎ 深夜診療 14:30 ~ 21:00
  • 第一土曜日は矯正歯科の診療を行っています。